半年留学をおすすめする連続ツイート

ネット上での表面的なフィリピン留学の広告宣伝を見ていて、長年英語学習に苦労した1人として、また、英語学習に無駄なお金を使ってきた1人として、どうしても伝えたいメッセージがあり、連続ツイートをさせていただきました。1人でも多くの方が私と同じ轍(遠回り)を踏まないことを願っております

※半年留学のキャンペーン料金はこのページの下部に記載してあります。

下記はツイッターをコピーしたものになります。

多くの日本人に半年間のフィリピン留学EBを強く勧めたい。半年間毎日6時間マンツーマン授業含み10時間超学習すれば、英語力ゼロからでも、英語にて生活できるレベルになります。英語力向上に必要なアウトプットのマンツーマン授業とインプットの自習に集中できる学習環境レベルはトップクラスです。

真剣留学には1人部屋がおすすめです。相部屋では、病気への感染リスクや、互いの気遣いによる集中力阻害リスクがあります。また休みたい時に休める個室の威力は計り知れません。EBの個室料金は多くの学校のシェア部屋よりも安いので、1人部屋での真剣留学を推奨しています。

英語力は一定レベルに達すると劣化しなくなる傾向があります。理由はシンプルで、英語を日常で使うようになるからです。英語情報をどこにいても楽しめるようになります。よって、英語での情報理解が当たり前になるレベルまで学習を継続することが重要です。そのレベルを達成する1つの指標が半年留学だと思います。

欧米留学2-3ヶ月分やセブ留学3-4ヶ月分で、EBでの半年留学が可能です。個室(3食付き)に滞在して毎日6時間マンツーマン授業を受けられます。これがどれだけお得な留学かを認識している日本人がとても少ないです。様々なメディアを通じて、何度でも発信していこうと思います。信じる価値ある留学サービスを広める機会を得ている現在を大切にします。

英語学習を短期間やって、その後に使わず忘れてしまう人が多いです。私もその経験があるのでよく分かります。英語を日常で使う習慣が身につく半年留学への決断ができるように半年留学キャンペーンを提供します。EBでの半年留学を通じて、英語を生涯の財産&武器にしてもらいたいです

EBは中間業者の留学代理店を使わないので、他の語学学校よりも30−50%超安いです。この安価な値段は半年以上の長期留学に対して大きなメリットを提供します。半年留学ならEB留学を選ぶべきとのブランドを構築できるように努力します。

2カ国留学やワーホリで英語力を向上させることを検討している人がいます。グループ授業や働きながらでは、英語力を効率的に成長させるのは難しいです。私含め、多くの人が経験しています。毎日マンツーマン授業を受け、集中できる環境で大量の自習をすることで、英語力を大きく成長させられる可能性が高まります。

留学の未経験者は、英語力を高めるためには多国籍の学校が良いと考える傾向があります。私も過去はそう思っていました。しかし、実際には初心者同士で会話をしても英語力は伸びません。外国の友達を見つけたり、外国文化を学ぶためであれば正しい選択かもしれませんが、現実には会話力をつけてからの方がより充実した時間を共有できるでしょう。

EBでも過去に韓国人、中国人、ベトナム人、台湾人の留学生がいたことがあります。英会話できる人は交流していましたが、初心者はほとんど交流していませんでした。また食事面で好みが異なるので、対応が難しかったことを覚えています。現在のEBの食事は日本人向けの味付けにしています。

半年留学になるとストレスがなく、安定した生活環境が必要です。英語力を成長させるために必要なことは、英語力の高い教師による1日6時間のマンツーマン授業、集中学習できる個室、日本人に適した食事、安全安心な生活環境です。多国籍環境は英語力向上に対しては、必要条件ではないと考えています。

EBには英語ポリシーがあります。よって、日本人同士も英語で会話しています。EBを選ぶ生徒さんは全員が英語力向上に対して真剣なので英語ポリシーを守らない人はほぼいません。万が一、英語ポリシーを守らない人が現れても、厳しく注意させていただくことで英語環境を維持しています。

JP校にもキャピタル校にも、英語ポリシーがあります。夕食時間だけは情報交換や相互理解のために日本語での会話が可能です。キャピタル校に関しては、夕食時間も英語を話したい人は英語テーブルを選ぶことで常時英語を話すことができます。

EBでの半年留学に価値があると考える理由は、マンツーマン6時間+自習4時間超=毎日10時間超学習を半年間継続できる環境を日本で構築することはとても難しいと考えるからです。理論的には日本でも毎日10時間学習を半年間することはできますが、現実にそれをできる環境にいて、実際に実行できる人は10人に1人もいないと思います。

人間は弱いです。日本で英語を継続的に毎日長時間学習できる人はほとんどいません。EB留学なら、英語学習に真剣な仲間に囲まれ、毎日優秀な教師に励まされ、3食が定時に提供され、洗濯・清掃も対応してもらえます。EB留学は早期に英語力を高めたい学習者にとって、とても良い留学施設だと考えております。

初心者が多国籍の学校に行くリスクをシェアします。厳しいことを言いますが初心者が多国籍の学校へ行くと英語力の成長速度を遅延させる可能性があります。理由はシンプルで、初心者同士で遊びに行く機会が増えることで自習する時間が減るからです。初心者にとって最重要なことは自習時間の確保です。

私もそうでしたが、初心者の頃は英語に接していれば英語が上手になるのではと思いがちですが、そんなことはありません。特に初心者同士での英会話では、成長する可能性はほとんどないと思ってもらって良いと思います。経験した方はほぼ全員が同意すると思います。

初心者はネイティブレベルの教師とマンツーマンで英会話をして、正しい英語を習うことが重要です。グループ授業の英語をなんとなく聞いているのは本当に効果がないのでご注意ください。初心者の場合、英語でのグループ授業の効果はとても低いです。なぜなら授業内容を完全に理解できないからです。

よって、英語力を早期に高めたい初心者には、グループ授業だけの留学はおすすめしません。EBは初心者にはマンツーマンがもっとも効果的であると信じているので、マンツーマン専門の授業方針を貫いています。

初心者にはもちろんですが、実際は中級者にとっても多くのケースで、グループ授業よりもマンツーマン授業の方が効果的であるのは自明の理です。友達を作りたい人や楽しみたい人にとってはグループ授業が良いですが、英語力を早期に高めたいのであればマンツーマン授業を優先すべきだと考えております。

本音の意見を言わせていただきます。他の学校で10−12時間の授業を提供しているところがあります。あたかも多くの授業を受ければ成長するかのように宣伝されています。しかし、現実には消化できず無駄な時間に終わる可能性が高いです。授業を受けるだけでは身につかないことは誰でも知っています

私の経験からの意見としては、予習復習を考えると1日の授業時間は8時間が限界だと思います。例外としては、日本でインプット学習を徹底して行い、フィリピンでは短期間で10時間マンツーマン授業でアウトプット学習に集中するのは高い効果を見込めると考えます。

EBの目指している学校像は、外国人の友達を見つけたり、楽しさを追求したりする学校ではありません。英語力を最速で成長させられる学校を目指しています。また、その方針を支持する生徒さんに集まってもらうことが大切だと考えております。友達作りや楽しみ追求は英語力を高めた後で大丈夫です。

EBでも、もちろん外国人の友達は見つけられるし、楽しみもあります。ただ、優先順位が英語力向上にあるということです。実際、週末にビーチ、山登り、モール、観光地等へ行っている生徒さんもいます。私はフィリピンに17年間いるので、どんなことでも相談に乗ることができるのでご安心下さい。

私もそうでしたが、初心者ほど留学先での日本人の有無を気にする人がいます。経験者として言わせてもらうと、ほぼ関係ないです。日本人がいるいないに関わらず意志が強けば英語は成長するし、意志が弱ければ成長しません。日本人と行動を共にするかしないかもあなた次第です。誰も強要しません。

実際、日本人がいない場所はほとんどありません。日本人がいても、英語を話すための行動を選択することは可能です。16-17年前、私の留学先には約20人の日本人、約100人の韓国人がいましたが、可能な限り英語の上手なフィリピン人と行動を共にすることを意識的に実行しました。

最も行動を共にすべきは初心者の生徒同士ではなく、英語教師です。EBはマンツーマン専門なので生徒数とほぼ同数の教師がいます。よって、教師と外出している生徒がたくさんいます。グループ授業がある大規模学校ですと教師と外出することを禁止している学校があります。EBでは生徒と教師の距離がとても近いです。

個人的なしょっぱい思い出をシェアします。21歳時、会話力ゼロでイスラエルに1ヶ月間滞在。その場所に日本人はゼロでした。私は平均的な日本人よりも積極的ですが会話力はそれほど成長しませんでした。理由は簡単で多くの英語話者は英語力ゼロの人と長時間話してくれないからです。みんなそんなに暇ではないです。笑

しょっぱい思い出2。29歳時、初心者の私は、香港にある日本人ゼロの英語学校へ行きました。ほぼ同レベルの香港人とグループで学びましたが、その授業を受けるよりも自習する方が成長が早いと思いました。同じような経験をしている日本人は無限にいるでしょう。同じ轍を踏まないようにご注意願います。

しょっぱい思い出を大量に経験したので、31歳でフィリピンマンツーマン留学を体験した時に全身に衝撃が走るほど感動しました。初心者と長時間話してくれる優秀な教師に、感謝の念を抱けたのも長年の苦労があったからだと思います。多くの人は私と同じようなしょっぱい経験をする必要はないと思います。

私のようにしょっぱい思い出をあえて経験したい人もいるでしょう。はっきり言うと、そういう人は私と同じように遠回りをするタイプなのかもしれません。見方によれば遠回りも楽しい側面があるのも事実です。ただ、私の場合は、もし過去に戻れるのなら遠回りはしたくなかったです。笑

「しょっぱい思い出」の詳細はこちらへ

半年間での目標は

初心者は英語で複雑なことを話せるレベルになる。
TOEIC600−700点、英検2級−準1級、IELTS5.0−6.0、TOEFL60−80

中級者は英語を流暢に話せるレベルになる。
TOEIC900超、英検1級、IELTS7.0超、TOEFL100超

*初心者の方は半年後に中級レベルに到達したら、さらに半年留学をして流暢レベルになることを検討してください。

特別保証

ロックダウン含め天災が発生して、個人の意志に関わらず外国人の帰国が強制された場合、日割り計算による全額返金保証(ビザ費用等の政府に支払い済みの費用の返金は不可)

学長による英語力の成長保証。授業、自習、TOEIC対策等の学習方法を中心に様々な側面でコーチング(学習相談)を実施して、英語力が成長するように導きます。

半年留学キャンペーン料金

半年間(25週間)の毎日6時間マンツーマン留学を

合計費用*80万円(通常83-99万円)と

合計費用*100万円(通常110万円)の2プランで提供します。

*合計費用には「申込金+25週間1人部屋滞在費+平日6時間マンツーマン授業+土日祝含め毎日3食+空港送迎費+ビザ25週分+SSP(学習許可証)+ACR Icard(外国人登録証)」が含まれます。航空券、教材費(1冊800−1200円)、エアコン費1時間約20円、洗濯費1キロ約50円は別途支払いが必要になります。

80万円プランは1人部屋AーD(トイレ・シャワー共有)を利用。早く予約できる方からグレードの高い部屋をキャンペーン価格で確保できます。

100万円プランは1人部屋E(トイレ・シャワー個室付き)を利用

料金・学習プランの詳細はこちらへ