【時代はテスラ方式(直販)へ】

電気自動車の世界最大手テスラは代理店(ディーラー)を使わず、

インターネットで直接に消費者へ販売しています。

直接販売することで、良い商品をより安く販売すること目指しています。

EBも直接販売することで、「質の高い留学サービス」を

「より安く」多くの日本人に提供することを目指しています

【留学代理店の紹介料は30%前後】

代理店は留学先の学校から30%前後の紹介手数料をもらっています。

代理店を使っている学校は代理店との契約条件で、代理店料金よりも

安い料金を生徒さんに提示できないルールになっております。

よって、学校に直接問い合わせても代理店を使っている学校であれば、

代理店の30%手数料が上乗せされた高い留学料金を提示されます。

【授業料の高い学校が優先される】

また、代理店は、

30%手数料がより大きくなる留学費用の高い学校を紹介する傾向があります。

代理店も事業をしているので売上や利益を増やそうと考えるのは当然です。

授業料20万円×30%=紹介手数料60,000円

授業料40万円×30%=紹介手数料120,000円

上記のように

授業料が倍の学校は、手数料も倍になるのでより力を入れて販売しようとします。

よって、

授業料のより高い欧米留学が格安のフィリピン留学よりも利益率の高いビジネスです。

フィリピン留学の中でも授業料がより高い学校を優先的に案内したくなります。

*もし、代理店がEBを紹介するとしても、格安なので一番最後に案内することになるでしょう。

【大手代理店でも倒産する】

過去には、

てるみくらぶ、ゲートウェイ21、サクシーオ等の大手代理店も倒産しました。

当時、留学生や旅行者をあわせると9万人以上の被害者になったようです。

留学事業に関しては旅行業法で守られていないので、法律による保証がありません。

コロナ2年超によって、体力が弱くなっている代理店が増えていることが考えられます。

代理店を利用する際には十分に注意する必要があります。

【結論】

素晴らしいサービスを提供している代理店もあるでしょう。

しかし、

留学は「なるべく長期で学ぶことで大きな効果が見込めます」

よって、代理店費用30%分をさらに長期で留学することに使う方が

生徒さんにとってメリットが大きいと考えます。

代理店からの留学情報と

EBの留学情報を明確に比較して慎重に決断されることをおすすめします。