fbpx

EBでは、初級者から上級者まで、効率的に学ぶことが可能です。

下記にて学習プロセスを紹介します。

*授業内容の詳細は、授業プラン一覧をご参照ください。

1.英文法の学習

カリスマ英文法授業(日本語)をユーチューブ動画を使い事前学習する。動画内の基礎英文を、自習にて暗唱。授業では、暗唱した英文を3つの意識(正確・アクセント・高速)をもって、繰り返し話してもらうことで言語化(自動化)を早める。また、深い理解につなげ、リアル会話で話せるようにパラフレーズ(言い換え文)を話す訓練を連日実施する。必要の応じて、世界的に有名な文法教材にある大量の演習問題を回答していただき文法知識を強固なものにして頂く。

2.語彙の学習

ターゲット語彙で作られた英文を暗唱。音源(オーディオ)を使って、オーバーラッピング(パラレルリーディング)、シャドウイングを常に実施。授業では暗唱&オーバーラッピング&シャドウイングが完全にできているか確認する。新しい語彙を使ってオリジナルな英文を話すことを常に促す。学んだ語彙にて即興で会話する。パラフレーズ(言い換え文)を常に作ってもらい、深い理解を促す。物語にて構成されている語彙教材の利用も強く推奨している。

3.スピーキングの学習

スピーキングメソッド、状況(シーン)ロープレメソッド、実践会話(ディスカッション・ディベート)似て、大量に話す機会を作る。十分なインプット(事前学習)がある人は、会話実践の量に比例して、スピーキング力が向上する。言語学研究によると、言語は英会話(音声)にて学ぶことが重要である。よって、EBでの学習では、日本の英語教育と異なり、話すこと(同時に聞く必要あり)を中心に学ぶことを最重要課題としている。

4.発音の学習

発音記号(フォニックス)、連結音(リエイゾン)、減音(リダクション)、抑揚&強弱&長短(イントネーション&アクセント)を無意識ベースで正しく発声できるように連日特訓する。すべての英文にて、内容語(重要語)と機能語(補助語)を区分けすることを意識することで、無意識に内容語の第一アクセントだけに意識をおいて話せるようになることが目標。発声する際に、日本語音の浅い口サウンドではなく、英語音の深い喉(腹)サウンドで話すことも常に意識する必要がある。いづれのルールも、無意識(言語)ベースで使えるようにならなければマスターできない。よって、それらのルールを適用しながら英語を話し続け、発音習慣を通じない日本語英語から脱却する必要がある。

5.TOEIC、IELTS、TOEFL、英検の試験学習

英語の基礎力がついたら、試験学習することを推奨。初心者は英検、中級者はTOEICがおすすめ。IELTSやTOEFLは英検2級以上やTOEIC600点以上の人に適している。点数や等級で成長を管理することで、明確に成長を実感でき、簡単に自信増強に繋がる。特に中級レベルからはなかなか成長を実感できないので試験学習を推奨。言語能力は感覚や感情によって進化速度が変わる。実際、EB学長もTOEICで高得点を取れたことで、心のなかで話せるはずだと思えるようになり、実際に話せるようになった経験がある。スポーツや仕事等、どんな活動でも同様だが、思い込み(プラシーボ)効果は言語学習においてもとても重要である。試験を成功させることでマインドセットを進化させたい。

6.リスニングの学習

英検1級やTOEIC満点を取得しても、ニュース英語(CNN等)や映画が理解できない人は多数。実際、試験英語とネイティブのリアル会話は、発音や語彙等の観点で大きく異なる。CNNやTEDや映画を使って、リアル会話を教師と学ぶことで、独学では難しい原因究明が可能になる。聞こえないリアル会話を分析することで、弱点克服につなげリアル会話を理解できるようになってほしい。